第3話 散水は いいね!

上の写真は令和3年4月下旬 天気は快晴 ドッチボールをしているところです

現在、浄福寺幼稚園は8月でも 元気に運動場で遊ぶことが出来ます。「幼稚園を涼しくするプロジェクト」が始まって20年間で色々な事を改善しました。

  

運動場の地表温度を測定

8月に運動場の地面の温度を放射温度計で測定しました。

 

放射温度計(物の表面に赤外線を当てて 表面の温度を測定します)   

実地検証 真夏の運動場の地表の温度測定
プロジェクトが始まった初期に 色々な実地調査をしました。8月の快晴の日に 運動場の地面の表面の温度を 放射温度計で測定しました。
下記の3つの条件で 地面の温度を測定しました。

①太陽が当たる地面の温度   48度
②木陰の地面の温度      38度
③木陰に散水した地面の温度  28度

③の水を撒いた地表は 気化熱を奪われて撒かない時に比べて 10度ほど下がっています。

人間の体温は36度程度ですが 皮膚の表面の温度は32度くらいです。
③の水を撒いた日陰にいると 地面から熱を奪われるので 涼しく感じます。

散水で真夏も涼しく遊べる運動場

「幼稚園を涼しくするプロジェクト」が始まって20年

4m以上の大きな木は50本(もともと38本+12本新たに植樹)有ります。 それぞれの木は 枝を自由に伸ばしています。

現在、運動場の70%が日陰になっています。6月くらいからは その日陰に 散水して 涼しい環境を維持しています。

  

幼稚園を涼しくするプロジェクト