第13話 入母屋(いりもや)は いいね!

入母屋とは?

日本の伝統的な屋根の形の一つです。お寺の屋根によく使われています。

上の写真は浄福寺の幼稚園の向かいにある釈迦堂です。屋根は「入母屋」です。

歴史的検証 日本の屋根の歴史
プロジェクトが始まった初期に 色々な理論を本やネットで調べました。今回は「日本の屋根」について調べました。調べたことを 下に書きます。

日本の代表的な屋根の種類

日本には古来より色んな屋根があります。 その中で代表的なものが上図の3種類です。

  

切妻(きりずま)

上の写真は浄福寺の黒門を入って右手にある旧湯殿(お風呂)です。屋根は切妻です

切妻の特徴

●シンプルで 施工費用が安い

●屋根裏の換気がし易い(屋根の△の部分に換気口を付けられる)

●庇(ひさし)が2面のみ 夏の日射を防ぎにくい

  

寄棟(よせむね)

上の写真は浄福寺の墓地の入口にある地蔵堂です。屋根は寄棟です。

寄棟の特徴

●屋根裏の換気がしにくい

●庇(ひさし)が4面にあり涼しい

  

入母屋(いりもや)

上の写真は浄福寺の幼稚園の向かいにある釈迦堂です。屋根は「入母屋」です。

入母屋の特徴

●上部が切妻 下部が寄棟 両方の良い面をプラスした屋根

●複雑なので 施工費用が高い

●屋根裏の換気がし易い(屋根の△の部分に換気口を付けられる) 

●庇(ひさし)が4面にあり涼しい

  

日本・東南アジアに適した屋根

高温多湿の日本や東南アジアには 「入母屋」が適している

屋根裏の換気がしやすく 庇が4面にあり 夏に涼しい屋根です。

  

浄福寺幼稚園旧園舎 きく組の問題点

きく組の園舎の南側にプールがあり 樹木が植えられません。日中 建物の南側(プール側)の壁に太陽光がまともに当たり 少し暑い保育室でした。

   

浄福寺幼稚園 きく組の改善点

新築した際に 建物の南側(プール側)の屋根を切妻から入母屋屋根に変更しました。

入母屋にして 庇(ひさし)が出来たので 壁に太陽光が当たらなくなりました。 

(写真は4月の午前12時前 壁のかなり下まで庇(ひさし)の影になっています)

きく組は 涼しく快適な保育室になりました。

  

←第12話 第13話 第14話→

  

第7話 うちわで扇げば 何故涼しい?

第8話 地窓は いいね!

第9話 雁行(がんこう)は いいね!

第10話 袖壁(そでかべ)は いいね!

第11話 ルーバーは いいね!

第12話 大屋根は いいね!

  

幼稚園を涼しくするプロジェクト